イソフラボンを含むバストアップサプリのメリット

イソフラボンを含むバストアップサプリのメリットをチェック!

バストアップサプリの中には、大豆に含まれているイソフラボンを使った製品が幾つかあります。

バストアップの効果があるとしてイソフラボンはテレビで取り上げられることも多く、女性であれば一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ネイチャーメイド大豆イソフラボン:健康作りの基本としてイソフラボンをベースとしてビタミンやミネラルをプラスしている
DHCの大豆イソフラボン:サプリメントの老舗メーカーでコラーゲンやビタミン類などの栄養素も含まれている
ファンケルの大豆イソフラボンプラス:体内への吸収率が高いイソフラボンが含有されている

これらのサプリメントの中にイソフラボンがたっぷりと含まれていて、バストアップや美容を気遣う女性にピッタリです。

もちろん、飲んでから直ぐに胸が大きくなるわけではないものの、身体の内側から女性らしい身体を作るサポートをしてくれるのは間違いありません。

以下ではイソフラボンを含むバストアップサプリの効果やメリットについてまとめていますので、一度チェックしておいてください。

女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っている

イソフラボンがバストアップサプリの中に含まれていることが多いのは、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持っているからです。

エストロゲンには乳腺組織を発達させる働きがあり、イソフラボンを摂取しても同じような効果が期待できます。

具体的にどんな仕組みでバストアップに繋がるのか詳しく見ていきましょう。

①女性のバストは9割の脂肪と1割の乳腺で形成されている
②脂肪と乳腺の両方をクーパー靭帯が支えていてバストの形状を保っている
③イソフラボンを摂取すると1割しかない乳腺を増やしてくれる
④乳腺を取り囲む脂肪の量が増えてバストアップができる

大きなバストを手に入れたいのであれば乳腺を発達させなければならず、脂肪細胞を増やせるのが大きな理由です。

イソフラボンにはその乳腺を増やす働きがあるため、毎日の食生活やサプリメントとしてバランス良く摂取するのが大事なのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

女性らしい丸みを帯びた体型をキープできる

イソフラボンをバストアップサプリで摂取していれば、女性らしい丸みを帯びた体型をキープできます。

本来の女性ホルモンのエストロゲンと比べて活性が低いため、必ずしも同じ作用が期待できるわけではありません。

しかし、イソフラボンがエストロゲンと似た働きを持っているのは紛れもない事実で、「丸みを帯びた身体を作る」⇒「脂肪がバストに付きやすくなる」と胸が大きくなる体質へと導いてくれます。

そこで、サプリメントとして摂取するのであればアグリコン型のイソフラボンが入っている製品を選びましょう。

アグリコン型:糖鎖が外されていて吸収率が高い
グリコシド型:糖鎖がついていて吸収率が低い

イソフラボンは上記の2種類に分けることができ、グリコシド型が6~8時間と体内に吸収されるまでの時間が長いのに対して、アグリコン型は2~3時間と早いのがメリットです。

腸での分解能力には個人差がありますが、吸収率の高さに気を配っていればそれだけ効果を実感できるまでのスピードが早くなりますよ。

ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状を緩和する

イソフラボンはバストアップだけではなく、更年期障害の症状の緩和としてもおすすめの成分です。

更年期障害を発症した女性はホットフラッシュや火照りなどの症状が出やすく、身体的な症状に加えて精神的に不安定になる方も少なくありません。

そんな時にきなこや納豆、豆腐や味噌などイソフラボンを含む大豆製品の摂取が適していて、その理由をまとめてみました。

①閉経を迎える女性は少しずつ女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減る
②大豆イソフラボンを摂取するとホルモンバランスが整う
③女性ホルモンの低下による更年期障害の症状が緩和する

美バストを手に入れる目的でバストアップサプリを飲み、不快な症状が和らいだという更年期の女性はホルモンバランスが整ったからです。

もちろん、あまりにも症状が辛い女性はセルフケアに頼らずに、早めに病院の医師へと相談してみてください。

イソフラボンを含むバストアップサプリを摂取する上で注意すべきポイント

安全に胸を大きくするケアを行うために、以下ではイソフラボンを含むバストアップサプリを摂取する上で注意すべきポイントをまとめてみました。

・女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が増える卵胞期(月経から排卵までの期間)に摂取する
・ホルモンバランスの乱れを防ぐために、プロゲステロンが増える黄体期の摂取は控える
・過剰摂取すると健康被害のリスクが高くなるので、1日の上限量をしっかりと守る
・妊娠中や授乳中の女性は摂取してはいけない(サプリではなく大豆食品を食べるのはOK)
・大豆アレルギーをお持ちの方は、サプリメントを飲む前にかかりつけの医師へと相談する

大豆イソフラボンの1日の上限摂取量は、70㎎~75㎎とされています。

普段の食事でも少なからず取り入れていますので、バストアップサプリの目安量はしっかりと守りましょう。

プエラリアミリフィカにはイソフラボンの40倍の効果がある

大豆イソフラボンのエストロゲン様作用の働きは、そこまで高いわけではありません。

個人の体質によっては変化を実感できないことも多いため、プエラリアミリフィカを含むバストアップサプリをおすすめします。

プエラリアミリフィカのエストロゲン様作用は、何と大豆イソフラボンの40倍なのです。

だからこそ現在では大豆イソフラボンではなく、プエラリアミリフィカが主原料のバストアップサプリをネット通販を中心に増えました。

LUNA(ルーナ)もプエラリアミリフィカを使ったサプリメントの一つで、以下の2つの製品を同時に摂取していくのが特徴です。

・女性っぽいボディへと磨きをかける「きらきら期」
・女性のボディバランスをサポートする「まったり期」

2種類のサプリを卵胞期と黄体期のリズムに合わせて使い分けると、身体の内側からバストアップができます。

定期モニターコースであれば初回に限り1,980円と特別価格で始められますので、是非一度LUNA(ルーナ)を試してみてください。

【LUNAの公式サイトをチェックする】

関連記事

バストアップサプリの持続性は?飲み続けなければならない?

バストアップサプリに不妊のリスクはある?

バストアップサプリの安全性は高い?副作用のリスクはある?

産後の授乳中にバストアップサプリは飲める?

バストアップサプリの過剰摂取を避けるべき理由

バストアップサプリの飲み合わせでおすすめのパターン!複数の製品を飲むメリットは?