バストアップサプリと豆乳の併用はできる?

バストアップに豆乳が効果的な理由は?

豆乳はバストアップが目的の女性が愛用していることの多いドリンクです。

現在ではコンビニエンスストアやスーパーなど、様々な場所で気軽に豆乳を購入して飲むことができるようになりました。

なぜ豆乳がバストアップに効果的だと言われているのか詳しい理由について見ていきましょう。

①大豆製品の中に入っているイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする
②イソフラボンの摂取によって身体の内側からホルモンバランスを整える作用がある
③乳腺を発達させてバストへと脂肪をつけるサポートをしてくれる

タンパク質や脂質などの基本的な栄養素だけではなく、イソフラボンを含んでいるのが豆乳の嬉しいポイントです。

不規則な生活習慣を送り、ホルモンバランスが乱れているような女性は少なくありません。

女性ホルモンのバランスが乱れているとバストアップ効果が引き出されなくなるため、身体の内側から体質改善を図るに当たって気軽に飲めるドリンクの豆乳が非常に適していますね。

バストアップに繋がる豆乳の飲み方は?

「毎日コップ1杯の豆乳を飲んで少しずつバストアップができました」という女性がいれば、「ほぼ毎日飲んでいるけれどバストには全く変化がない」という女性もいました。

そこで、以下ではバストアップに繋がる豆乳の飲み方を紹介していますので、より大きな効果を得たい方は一度実践してみましょう。

豆乳きなこドリンク:豆乳ときなこの両方からイソフラボンを摂取できる
ココア+豆乳:豆乳の臭みがなくなって美味しく飲み続けることができる
牛乳+豆乳:牛乳のお陰で豆乳のクセがなくなって飲みやすくなる
ヨーグルト+豆乳:乳酸菌による効果で腸内環境を良くして便秘の解消に繋がる
フルーツ+豆乳:飲みやすくなるのに加えて不足がちなビタミンも補給できる

劇的な変化は得られないとしても、女性ホルモンが活発化すればバストアップしやすい体質へと導くサポートはしてくれます。

豆乳には肌のターンオーバーを整えて肌荒れを解消したりコラーゲンの生成量をアップさせたりといった美容効果も高く、1日に200ml~400mlを目安に飲んでみるべきです。

豆乳を飲むベストなタイミングは?

サプリメントなどの健康補助食品と同じように、健康ドリンクの豆乳も飲まなければならないタイミングは特に決まっていません。

「寝る前に飲む」「喉が渇いた時に飲む」と時間帯は自由で、無理に決めなくても良いのです。

しかし、バストアップ効果を最大限に高めたいと考えている女性には、朝食前のタイミングをおすすめします。

・朝食前のお腹が空いている時間帯は豆乳の栄養素が体内に吸収されやすい
・寝起きで足りなくなった水分を同時に補給できる
・豆乳に含まれている大豆が腸内環境を整えて便秘を解消してくれる

朝食前に飲むと上記のような効果が期待できますので、そのまま飲んだりシリアルにかけたりと自分なりにアレンジしてみましょう。

バストアップサプリと豆乳は併用できるの?

「できる限り短期間でバストを大きくしたい」と考えて、バストアップサプリと豆乳を併用している女性は少なくありません。

確かに、バストアップサプリの中に含まれているプエラリアミリフィカと豆乳の中に含まれているイソフラボンの相乗効果により、女性ホルモンのエストロゲンは更に活性化します。

・乳腺が発達してバストに脂肪がつきやすくなる
・肌をきめ細かく整えて美肌へと促す
・ツヤや潤いのある髪の毛へと促す

エストロゲンの活性によってこれらの効果が期待できるのですが、結論から言うとバストアップサプリと豆乳の併用はあまりおすすめできません。

以下では、プエラリアミリフィカを含むサプリメントと健康ドリンクの豆乳の併用がNGな理由を幾つか挙げてみました。

・両方とも植物性エストロゲンの効果を持ち合わせていて、ホルモン受容体のホルモンレセプターは数に限りがある
・イソフラボン類の過剰摂取によって理周期の乱れや生理痛などの不快な症状が出やすい
・エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスが乱れて、頭痛やめまいなどの症状で悩まされやすくなる

1日の目安量のバストアップサプリを守り、補助的なアイテムとして1日に1杯程度の豆乳を飲む程度であれば急激にホルモンのバランスが崩れる心配はないでしょう。

しかし、「飲めば飲むほど効果が高くなる」と考え、バストアップサプリを摂取しながら豆乳もガブガブと飲んでいると生理に悪影響が引き起こされやすいのです。

豆乳でバストアップをするデメリットは?

豆乳はバストアップとして完璧なドリンクではなく、以下のようなデメリットがあります。

・調製豆乳は保存料や甘味料などの添加物が多くてイソフラボンやタンパク質の含有量が減る
・冷たい豆乳を毎日のように飲んでいると身体が冷えて冷え性の症状が悪化しやすい
・プエラリアミリフィカと比べてみるとバストアップの効果が低い
・独特の風味や味で苦手な人は他の飲み物と混ぜ合わせても飲みにくい

バストアップサプリの原材料として使われているプエラリアミリフィカの効果は、大豆イソフラボンと比べて何と約40倍です。

両方を併用するのが良くないのであれば、豆乳を飲み続けるよりもバストアップサプリをメインにして理想のバストを手に入れる対策を行った方が良いのではないでしょうか。

バストアップサプリのLUNA(ルーナ)の中には、タイの大学の研究成果を反映したプエラリアミリフィカに加えて、美ボディを応援するワイルドヤムやエラスチンなど様々な原材料や成分が含まれています。

2種類のカプセルを身体のリズムに合わせて水やぬるま湯と一緒に飲むだけですので、豆乳で変化を得られなかった女性はLUNA(ルーナ)を試す価値が大いにありそうですよ。

【LUNAの公式サイトをチェックする】



関連記事

妊娠中にバストアップサプリを飲まない方が良い理由

バストアップサプリの持続性は?飲み続けなければならない?

生理中にバストアップサプリを飲むのを控えた方が良い理由

バストアップサプリの過剰摂取を避けるべき理由

更年期の女性におすすめのバストアップサプリ

バストアップサプリは効果なし?効かない人の特徴は?