バストアップサプリに不妊のリスクはある?

不妊の原因とは?

「妊娠を望んでいるのに全く赤ちゃんを授かることができない・・・」と悩む妊活中の女性は少なくありません。

妊娠を望むカップルが性行為で子作りをしているのにも関わらず、一定期間が経過しても妊娠できない状態を不妊と呼んでいます。

WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊の原因について以下の結果が出ました。

  • 女性に原因がある:41%
  • 男性に原因がある:24%
  • 両方に原因がある:24%
  • 原因不明の不妊:11%

女性の身体に何かしらの異常があって赤ちゃんを授かれない夫婦の割合が多く、その原因は「排卵の問題」「卵管の問題」「子宮内膜症」など様々です。

病院で検査をしても原因が分からないケースがありますので難しい問題なのですが、不妊なのではないかと思い当たる節がある場合は一度病院を受診してみるのが良いでしょう。

バストアップサプリに不妊のリスクはあるの?

「バストアップサプリには不妊のリスクがあるのでは?」と噂が飛び交っています。

こんな噂が飛び交っているのは、恐らくバストアップサプリが女性ホルモンへと働きかける作用を持っているからです。

しかし、正しい量を守ってバストアップサプリを飲んでいれば、不妊症に繋がることは絶対にありません。

もし不妊症のリスクが高くなるような健康食品であれば、有名人やモデルがイメージキャラクターとなって紹介するなんてことはないですよね。

豊胸手術のような後遺症や副作用のリスクなく、自宅で胸を大きくするサポートをしてくれるからこそバストアップサプリは様々な世代の女性から愛されています。

バストアップサプリを飲みすぎると不妊のリスクが高まる恐れがある

バストアップサプリで不妊にならないのは、あくまでも正しい目安量を摂取していた場合に限ります。

  • できる限り短期間で胸を大きくしたい
  • 効き目がないから量を増やしたい
  • 回数を増やせば効果が高くなる気がする

上記のように考えて自分勝手な判断でバストアップサプリの量や回数を無闇に増やしていると、不妊のリスクが高まる恐れがありますので注意しなければなりません。

その理由はバストアップサプリの主原料として代表的なプエラリアミリフィカの中にミロエステロールが含まれていて、強力な女性ホルモン活性を持っているからです。

不妊症にならないとしても、エストロゲン様物質の過剰摂取で女性ホルモンのバランスが乱れ、以下の症状が引き起こされるケースは少なからずあります。

  • 毎月決まった月経のサイクルが早くなったり遅くなったりする「生理不順」
  • 生理ではないのに出血量が増える「不正出血」
  • 下腹部や骨盤の付近に痛みが出る「生理痛」
  • 身体的症状や精神的な症状が合わせて起こる「PMS(月経前症候群)」

女性ホルモンは女性の身体を正常な状態で保つ重要な存在ですので、胸を大きくしたい方は決められた量のバストアップサプリを正しい方法で飲み続けましょう。

不妊にならないためのバストアップサプリの摂取方法は?

女性ホルモンの分泌のリズムが崩れるのは、以下の3つの原因が深く関わっています。

  1. 脳の異常で卵巣へと正常に信号を送れなくなる
  2. 卵巣の異常で送った信号が上手く受け取れなくなる
  3. 脳も卵巣も正常な場合は神経系統の異常が考えられる

様々な原因が合わさってホルモンバランスは崩れやすく、尚且つその状態でバストアップサプリを過剰摂取するのは不妊のリスクが高まりますので危険です。

そこで、以下では不妊にならないためのバストアップサプリの正しい摂取方法をまとめてみました。

  • 「1日に1本」「1日に2粒」と飲んでいるバストアップサプリに合わせて目安量を守る
  • プエラリアが含まれた製品はプロゲステロンの分泌量の多い黄体期(排卵が終わって生理が始まるまで)の摂取を避ける
  • 体質的に合わないと感じるバストアップサプリは飲むのを中止する

基本的にあらかじめ決められた正しい方法でバストアップサプリを飲んでいれば、不妊のリスクが高くなるような心配はありません。

しかし、女性の体質によってサプリメントに合う合わないはありますので、初めてバストアップに取り組む方にはマシュマロヴィーナスがおすすめです。

マシュマロヴィーナスは初回に限り全額返金保証制度が付いていますので、体質的に合うのか判断してから毎日の生活に取り入れて飲み続けてみてください。

→マシュマロヴィーナスをチェックする

妊活中の女性はバストアップサプリを飲むのをやめよう

正しい方法でバストアップサプリを飲んでいれば不妊のリスクが急激に高まる心配はなく、赤ちゃんを授かる確率にも影響を及ぼさないのが特徴です。

それでも、これから妊娠を考えている妊活中の女性は、バストアップサプリの摂取を避けなければなりません。

  • バストアップサプリを飲み始めて直ぐに妊娠した人の口コミを見た
  • 女性ホルモンの分泌量が高くなれば妊娠しやすい体質になるのでは?

このようにイメージしている女性は多いものの、バストアップサプリで妊娠の確率が高くなるデータや研究結果は特にないのです。

それに、妊活中の女性がバストアップサプリを飲み続けると、女性ホルモンのバランスが崩れて着床が阻害されるリスクもあります。

「妊娠と一緒に大きなバストを維持したい」と考える気持ちは分かりますが、妊娠を計画している女性は飲むのをやめてくださいね。

関連記事

バストアップサプリはいつ飲むのが良い?タイミングは決まっている?

バストアップサプリの飲み方で押さえておきたいポイント

バストアップサプリとマッサージの併用がおすすめ

バストアップサプリに含まれている代表的な成分と得られる効果

返金保証制度が取り入れられたバストアップサプリ

お試しやサンプルが用意されたバストアップサプリ