ナイトブラは血行不良の原因?防ぐ方法はある?

ナイトブラは血行不良の原因になるの?

「ナイトブラを睡眠中に着用していると血行不良の原因になるのでは?」といった噂が飛び交っています。

恐らく、ノーブラで寝ている状態と比較してみると、ナイトブラの着用で身体が少なからず締め付けられるからですね。

しかし、ナイトブラは寝る時用として作られていますので、正しい装着方法をしていれば血行不良の症状が悪化するような心配はありません。

身体が締め付けられるような感覚に陥っている女性は、昼用のブラジャーを睡眠中に使っているのが理由です。

  • ワイヤーの働きでバストの形を整えてキープする
  • ホールド力が高くてキュっと締め付ける
  • 身体が起き上がっている状態で使うブラとして適している

昼用のブラジャーには上記のような特徴があり、ホールド力が強すぎるからこそナイトブラの代わりにはなりません。

昼用のブラを寝ている時も使うと1日中に渡ってバストを締め付ける形となり、血流が悪化して次のような症状の原因となります。

  1. 冷え性の症状が悪化する
  2. 疲れが取れにくくなる
  3. 寝起きの倦怠感が酷くなる
  4. 手足がむくみやすくなる
  5. 腸内環境が崩れて便秘になる
  6. 肩こりや首こりなど身体の痛みに繋がる

バストの横流れや下垂れを防ぐ目的で睡眠中にブラジャーを使っていても不快な症状が出ては意味がないので、血行不良を予防するためにも専用のナイトブラを使いましょう。

ナイトブラによる血行不良を防ぐ方法とは?

ナイトブラ自体が血液の流れを妨げなくても、私たちは起きている時と比較して睡眠中には血行不良で悩まされやすくなります。

身体を動かさなかったり寝返りが少なかったりといった理由が考えられ、血流が悪化すればバストへと栄養が行き届きにくくなりますので注意が必要ですね。

ナイトブラはノーブラの状態と比べて少しは締め付け具合がアップするため、元々寝返りの少ない人ほど血行不良の原因となります。

そこで、以下では睡眠中の血行不良を防ぐ方法をまとめていますので、「疲労感が取れない」「寝起きの倦怠感が酷い」といった症状の方は一度チェックしておいてください。

自分の体型に合うサイズのナイトブラを使う

下垂防止効果や横流れ防止効果を意識して、少し小さめのサイズのナイトブラを選んでいる女性はいます。

確かに、サイズが大きすぎるとカップの中でバストが移動して正しい位置でキープできないものの、キツすぎると次のようなデメリットがありますので注意しなければなりません。

  1. 必要以上にバストが締め付けられて血行不良の原因となる
  2. 寝苦しさが増して体調不良で悩まされやすくなる
  3. 美乳効果や育乳効果を実感しにくくなる

昼間に着用する通常のブラジャーと同じように、ナイトブラもサイズ選びがとても重要ですよ。

楽天ランキングで9冠を達成しているViageビューティアップナイトブラは、「S~Mサイズ」と「M~Lサイズ」の2種類が用意されています。

「2種類しかないの?」と不安を抱えている女性はいますが、Viageビューティアップナイトブラは伸縮性が高くてどんな体型の女性にもフィットして圧迫感を感じることなく眠れますので安心してください。

→Viageビューティアップナイトブラの公式サイトをチェックする

睡眠前に身体をリラックスさせる

睡眠前に身体が緊張していると自律神経の交感神経が優位な状態となり、血流が悪くなる特徴があります。

そのため、血行不良を未然に防ぐに当たって睡眠前に身体をリラックスさせるのは非常に大事ですね。

具体的にどんな対策をすれば良いのか見ていきましょう。

  • 就寝する2時間前を目安にゆっくりと湯船に浸かって身体を温める
  • 寝る前にストレッチをして身体を解す
  • アロマを焚いて心地良い香りを部屋中に充満させる
  • 気持ち良いと感じる室温や湿度を設定して就寝環境を整える

快眠を得るための対策を念入りに行っていれば、ナイトブラの着用で血行不良が悪化する症状を未然に防ぐことができます。

「眠りが浅い」「寝付きが悪い」と実感している方は、睡眠サプリメントや快眠サプリメントなどの健康食品に頼るのも選択肢の一つですよ。

寝返りの回数を増やす

肩こりや腰痛の症状が悪化するのは血行不良が原因で、寝返りが少ないからだと考えられています。

寝返りは圧迫されている部分の血行を促したり、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替えたりと快眠を得るに当たって欠かせません。

1回の睡眠で理想の寝返りは20回で、増やすために何をすれば良いのか見ていきましょう。

  • 横幅が広くて適度な硬さを持つ枕を使用する
  • オーダーメイドで自分の体型に合うマットレスを購入する
  • 寝返りが打ちにくいうつ伏せ寝をやめる

適度な回数の寝返りを睡眠中に打っていれば、多少は締め付け効果のあるナイトブラを着用していても苦しいとは感じにくいのです。

女性は男性と比べると血行不良に陥りやすく、肩こりや冷え性の症状で悩まされている方はたくさんいます。

肩こりや冷え性の悪化で日常生活に支障が出るケースも十分にありますので、睡眠前に心身ともにリラックスしたり寝返りの回数を増やす対策を行ったりしてみてください

関連記事

ナイトブラで使われている素材は?どんな種類がある?

ユニクロのナイトブラの特徴!バストアップはできる?

猫背による悪影響とは?ナイトブラの着用で矯正できる?

10代の成長期の女子にナイトブラは必要?

ブラの寿命を伸ばす!洗濯や収納のポイント4選

うつ伏せ寝だとナイトブラの効果を発揮できない?