ナイトブラによる筋肉痛の原因は?症状を和らげる方法は?

ナイトブラによる筋肉痛の原因は?

ナイトブラを着用して眠り、「痛い」「違和感が残る」といった方は筋肉痛の可能性があります。

筋肉痛の正体は運動によって筋肉が損傷を受けたり、疲労物質の乳酸が溜まったりするのが原因ですね。

なぜナイトブラの着用で激しい運動をした時のような筋肉痛が引き起こされることがあるのか、詳しい理由について見ていきましょう。

  • 今までノーブラ派だった女性は睡眠中のバストの締め付けに慣れていない
  • 着用しているナイトブラのサイズが合っていない
  • ナイトブラによるバストアップの効果が出始めている証拠

「バスト周りが筋肉痛のように痛かった」「ナイトブラを使ってから背中の辺りが痛くなった」といった口コミもあり、不安になっている女性はたくさんいます。

しかし、筋肉痛が起こるのはバストアップの効果が出始めている証拠ですので、あまり神経質に考えなくても大丈夫ですよ。

痛みとは言っても日常生活に支障が出るレベルではありませんし、胸の土台となる大胸筋が刺激されているサインですので気にする必要はありません。

ナイトブラによる筋肉痛はどのくらい続く?

個人差があるので一概には説明できないものの、ナイトブラによる筋肉痛は1週間程度で良くなります。

ナイトブラで眠ることに慣れれば痛みは感じにくくなり、快適に寝ながらバストアップ効果が得られるわけですね。

ノーブラで寝るのとは違い、ナイトブラにどんな効果があるのかまとめてみました。

  • クーパー靭帯が伸びたり切れたりするのを防いでバストの垂れを予防する
  • 柔らかい脂肪が動いて胸が横流れするのを防ぐ
  • ハリや弾力のあるバストをキープする

辛い筋肉痛でも、バストアップに繋がったり美バストを得られたりすると考えれば苦になりません。

加齢や姿勢の悪さなど様々な要因でバストが垂れて美しい体型とはかけ離れた状態になりやすいので、ナイトブラの着用で引き締めてみてください。

ナイトブラによる筋肉痛の症状を和らげる方法は?

ナイトブラを着用したことにより、「バストのベースとなる筋肉の大胸筋が鍛えられた」「背中の余計なお肉を集めて刺激が加わった」といった理由で筋肉痛になります。

いくらバストアップの効果が出ている証拠とは言っても、あまりにも痛みが強いと快眠できないので辛いですよね。

そこで、以下ではナイトブラによる筋肉痛の症状を和らげる方法をまとめていますので、理想のバストを手に入れたいと考えている女性は一度チェックしておきましょう。

自分のサイズに合うナイトブラを着用する

日中に着用するブラジャーと同じように、睡眠中のナイトブラも自分のサイズに合っているのかどうかが大事です。

ナイトブラのサイズが合わないことでどんな弊害があるのか見ていきましょう。

キツすぎる⇒胸が締め付けられて筋肉痛の症状が悪化したり寝苦しくなったりする
緩すぎる⇒バストがカップの中で動きやすく、補正する効果が得られなくなる

バストアップのためにも寝心地を良くするためにも、ピッタリとフィットする下着を探さなければなりません。

Viageビューティアップナイトブラは、「S~Mサイズ」と「M~Lサイズ」の2種類のカップサイズが用意されていました。

自分の体型に合うサイズのナイトブラを使えば、「バストがたるむ」「脇肉がはみ出る」といった女性が抱えやすい悩みを解決できますので、毎日の生活の中にViageビューティアップナイトブラを取り入れてみてください。

→Viageビューティアップナイトブラの公式サイトをチェックする

ナイトブラの正しい着用方法を知る

ナイトブラを間違った方法で着用していると、筋肉痛が起こって胸に痛みが出る可能性が高くなります。

  • 上から無理矢理かぶせている
  • フィットしていない状態で寝ている

このような付け方だと変に締め付けられて痛みが出やすいため、正しい着用方法を知るのは重要ですね。

基本的にナイトブラにはワイヤーがないので、「脚から履いてバストの位置に持っていく」「背中や脇の下のお肉を集める」といった付け方をしなければなりません。

ベストな位置で装着できているのかどうか鏡を見て確認し、問題がなければそのまま眠るようにしましょう。

筋肉痛に効果的な栄養素を摂取する

普段から全くトレーニングをしていない人は、筋肉が少し刺激されただけでも筋肉痛が起こって痛みが出ます。

ナイトブラによる筋肉痛は長くても1週間程度におさまるので神経質にならなくても良いのですが、痛みが辛いのであれば筋肉痛に効果的な栄養素を摂取すべきですよ。

どんな栄養素が筋肉痛や筋肉疲労の回復に適しているのか幾つか挙げてみました。

  1. タンパク質:私たちが生きていくために欠かせない栄養素で、筋肉を作る働きを持ってい
  2. クエン酸:レモンなどの柑橘系の果物に多く、疲労物質の乳酸を作らせない作用を持
  3. ビタミンC:血液の流れを良くするための抗酸化作用が非常に高い
  4. ビタミンE:細胞や血管を活性酸素から守る働きが強い

これらの中でもタンパク質は大事ですので、毎日の食事でバランス良く摂取できない人は実店舗やネット通販で販売されているプロテインを飲んでみてください。

関連記事

うつ伏せ寝だとナイトブラの効果を発揮できない?

Viageビューティアップナイトブラの効果や特徴!口コミの評判はどう?

産後の授乳中にナイトブラがおすすめの理由

妊娠中のナイトブラの着用はOK?おすすめの製品は?

ノンワイヤーのブラジャーはナイトブラの代わりになる?

ナイトブラが効果なしの女性の特徴4選