敏感肌やアトピー肌の女性に!肌に優しいナイトブラがおすすめ

敏感肌やアトピー肌の女性はナイトブラを着用できる?

敏感肌やアトピー肌の女性でも、当然のようにナイトブラを着用してバストアップを促したり美バストへと導いたりできます。

現在では様々な下着メーカーが独自の技術を使い、肌に優しいブラジャーやナイトブラを開発するようになりました。

しかし、他の肌質の女性と比べて敏感肌やアトピー肌の人は、肌荒れが引き起こされやすいので注意が必要ですね。

アトピー体質ではなくても普段の生活の中で敏感肌になるケースは多く、どんな原因が考えられるのか見ていきましょう。

  • クレンジングのやりすぎや化粧水のパッティングなど間違ったスキンケアを続けている
  • バランスの悪い食事で肌の回復に必要な栄養素が不足している
  • 昼夜逆転の生活や睡眠不足の状態に陥っている
  • 仕事やプライベートで精神的なストレスが過剰に溜まっている

敏感肌になるとホルモンバランスの乱れなどの影響も重なり、些細な刺激で肌が赤くなったりかゆくなったりします。

ナイトブラの着用でも肌トラブルが引き起こされる可能性はありますので、下着の選び方はとても重要ですよ。

敏感肌やアトピー肌の女性には肌に優しいナイトブラがおすすめ!

敏感肌やアトピー肌の人は外部からの些細な刺激でも肌荒れを起こしやすいため、肌に優しいナイトブラの着用をおすすめします。

肌へと刺激が加わりにくい下着を睡眠中に着用していれば、赤みやかゆみといった症状で悩まされることなく次の効果を得られるのです。

  1. 寝ている間にかかる重力でバストが垂れないように予防してくれる
  2. 20代の後半から始まるクーパー靭帯の老化のスピードを遅くできる
  3. 背中や脇の下のお肉を胸の中心に流してバストアップ効果を高められる

以下では肌に優しいナイトブラの特徴を幾つかまとめていますので、選び方で迷っている女性は一度チェックしておいてください。

天然繊維の素材が使われている

外部の刺激に弱い敏感肌やアトピー肌の女性には、天然繊維の素材が使われているナイトブラがおすすめです。

なぜナイロンやポリエステルなどの化学繊維で作られたナイトブラがNGなのか理由を見ていきましょう。

  1. 化学繊維の素材は肌の水分を吸収して乾かす特徴がある
  2. 速乾性が高くて肌の上の水分が奪われやすくなる
  3. 肌が乾燥して刺激を受けやすい状態となる

敏感肌もアトピー肌も保湿ケアが重要となり、乾燥を防いでバリア機能を高めるのが目的ですね。

つまり、化学繊維のナイトブラを使っていると肌の乾燥が進行しやすいため、天然繊維のコットン(綿)やシルク(絹)で作られているのかどうかで比較しましょう。

天然繊維のナイトブラの中でもコットン(綿)とシルク(絹)は代表的で、それぞれの特徴を大まかにまとめてみました。

<コットン(綿)>
・吸収した水分を外へと逃がす通気性が高い
・身体の熱を外に逃がす性質を持ち、夏場に涼しく着用できる
・柔らかい素材でチクチクせず、肌触りが良くて快適
・吸水性が高くて静電気が発生しにくい

<シルク(絹)>
・人間の肌と構造が似ていて皮膚への馴染みが良い
・コットンと同じように肌触りが非常に良い
・湿気を吸収する性質が強くて蒸れにくい

睡眠中に汗をかいて蒸れていると、肌が赤くなったりかゆくなったりといったトラブルに繋がります。

そのため、敏感肌やアトピー肌の女性ほど吸湿性や通気性で比較してナイトブラを選ぶべきですよ。

AngellirのふんわりRoom Braの裏地は、コットン100%の素材が使われています。

「バストにハリがなくなってきた」「授乳後にバストが垂れている」「ワイヤーありのブラジャーは痛い」といった悩みを抱えている女性は、肌に優しいAngellirのふんわりRoom Braを使ってみてください。

→ふんわりルームブラの公式サイトをチェックする

オーガニック素材で作られている

上記で説明した内容と少々かぶりますが、オーガニック素材で作られているナイトブラは敏感肌やアトピー肌の女性でも安心して使用できます。

オーガニック素材と一口に言っても様々な種類がありますが、肌に優しいという点では一緒ですね。

  • Wacoalノンメイク ナイトアップブラ:横向き状態でも仰向けでもバストを安定してキープできる
  • AQUALAND クロスオープンナイトブラ:通気性が良くて汗疹などのトラブルが少ない
  • PlaisteL ナイトブラ:スベスベとしたモイストパウダリー生地が使われている

これらの製品は全てオーガニック素材ですので、アレルギー症状を予防したい女性は一度使ってみましょう。

肌の保湿ケアを忘れずに行おう

敏感肌やアトピー肌の女性はナイトブラの素材の選び方だけではなく、毎日の生活で肌の保湿ケアも忘れてはいけませんよ。

ナイトブラを着用する前の肌がカサカサと乾燥していると、生地との摩擦が起こって静電気による刺激が加わりやすくなります。

天然繊維で作られていてもかゆみや赤みの症状が酷くなりやすいので、化粧水や美容液を使った念入りなスキンケアを毎日行うようにしてください。

関連記事

ナイトブラを買い替えるベストなタイミング

ノンワイヤーのブラジャーはナイトブラの代わりになる?

10代の成長期の女子にナイトブラは必要?

産後の授乳中にナイトブラがおすすめの理由

ナイトブラは何枚くらい持つのが良い?1枚で足りる?

ナイトブラは血行不良の原因?防ぐ方法はある?