バストアップクリームの使い方や塗り方で押さえておきたいポイント

バストアップクリームの使い方や塗り方で押さえておきたいポイントをチェック!

バストアップクリームを毎日の生活で使っているのにも関わらず、次のような悩みを抱えている女性は少なくありません。

  • 中々胸が大きくならない
  • バストに変化がない
  • 効果を実感できない

使用しているアイテムにも多少は左右されるものの、効果を実感できない女性は使い方や塗り方が間違っている可能性がありますね。

バストアップクリームの効果を最大限に発揮するには、正しい使い方や塗り方を押さえておかなければならないのです。

以下では、バストアップクリームの正しい使用方法をまとめていますので、一度チェックしておきましょう。

最初に肌を清潔にする

まず最初にバストアップクリームを使う前に、肌を清潔にする必要があります。

製品によって女性ホルモンのエストロゲンへと働きかけるプエラリアミリフィカや、脂肪を増やすボルフィリンが入っていますが、肌が汚れていると次の弊害がありますので注意しなければなりません。

  1. 皮脂やホコリなど肌が汚れている
  2. バストへとクリームを塗っても浸透しない
  3. 脂肪を増やす効果が半減する

有効成分が効かなくなるのは勿体無いため、夜のお風呂上がりのタイミングがベストですよ。

お風呂で身体を洗って汚れを綺麗に落としていればバストアップクリームの成分が行き渡りやすくなりますし、身体が温まることで血液がスムーズに流れて栄養素が届きやすくなるメリットもあります。

  • お風呂上がりに塗るとベタベタする
  • 身体がベタつくと眠れない

こういった女性は、ジェル状のサッパリとしたタイプのバストアップクリームを使ってみてください。

100円玉くらいの大きさの量を取る

バストアップクリームは、100円玉くらいの大きさの量を手に取ってバストへと塗布するのが正しい使い方です

使用する製品によって違いはあるものの、「100円玉くらいの大きさが目安」「1回2プッシュ~3プッシュが目安」と決められています。

量に比例した効果が得られるわけではないので、バストアップクリームの1回の使用量をきちんと守りましょう。

次のような女性は、気持ち多めに使用するのは選択肢の一つですよ。

  • 秋から冬にかけての季節は乾燥しやすい
  • 一年中に渡って乾燥肌でカサカサしている

ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分を含むバストアップクリームは多いため、胸を大きくするケアを自宅で行いながら潤いのあるボディを手に入れられます。

「下から上」「外側から内側」に塗る

「下から上にかけて」「外側から内側にかけて」と意識するのがバストアップクリームの正しい塗り方です。

商品の説明書ではこのように記載されていることが多く、効果を実感しやすい理由を簡単にまとめてみました。

  • 下から上にかけて塗る⇒バストは重力に逆らえないので加齢によって垂れやすく、ピンとハリのある状態にするために下から上へと持ち上げる感覚で塗る
  • 外側から内側にかけて塗る⇒外側に押し出すように塗ると離れ乳の原因となるため、外から内へとバストが中央に集まって谷間を作るイメージを意識する

いくらバストが大きくなったとしても、垂れたり離れたりしている状態は決して美しいとは言えません。

魅力的でグラマーなボディを手に入れるためにも、バストアップクリームの塗り方はとても大事なのです。

ただし、バストアップクリームにはボルフィリンなど脂肪を増やす働きを持つ成分が含まれていますので、脂肪を付けたくないお腹やお尻などの部位には使わないようにしましょう。

マッサージで血行を促進する

バストの表面へとクリームやジェルを滑らせるように塗るだけではなく、マッサージをして血行を促進するのは効果的です。

血液の流れが良くなれば、バストアップクリームの中に含まれているボルフィリンやプエラリアミリフィカなどの有効成分がスムーズに行き渡りやすくなりますよ。

以下では、バストアップクリームを使った正しいマッサージのやり方や流れをまとめてみました。

  1. お風呂上がりのタイミングでバストアップクリームを手で温めてからバスト全体へと伸ばす
  2. 右手で左側の胸を包み込むようにさすり、反対側も同じようにケアする
  3. バストの外側から内側へと脂肪を寄せ集めるような感じで流していく
  4. バストの下から上にすくいあげるように持ち上げてマッサージをする
  5. バストの中心部分に位置している壇中(だんちゅう)と呼ばれるツボを5秒間ほど刺激して完了

バストアップマッサージに加えてツボ刺激も効果的で、壇中(だんちゅう)には女性ホルモンの分泌を活発にする働きがあります。

また、バストだけではなく「デコルテ」「脇の下」「首回り」もマッサージした方が良く、リンパの流れを活性化できるのが理由ですね。

リンパの流れが滞っていると、バストアップクリームの栄養素が行き渡りにくくなりますので注意してください。

強く塗り込んだりマッサージしたりしないようにする

「乳腺を刺激させるのがバストアップには良いんだ!」と考え、バストアップクリームを強く塗り込んだりマッサージしたりしている女性がいます。

「今年の夏までに何とかしたい!」と効果を期待するのは普通ですが、必要に以上に力を加えていると脂肪の燃焼に繋がりますので気をつけなければなりません。

あくまでもバストの脂肪を増やしてボリュームアップを図るのが目的ですので、適度な力でケアしていくのがポイントです。

毎日バストアップクリームを使おう

バストアップはあくまでもセルフケアですので、「○回に渡って使わなければならない」とは特に決められていません。

しかし、なるべく短い期間で理想のバストを手に入れたりグラマーなボディへと導いたりといった変化を得たい女性は、バストアップクリームを毎日使うのがコツです。

  • 朝と夜寝る前の1日に2回マッサージを行う
  • 1回の塗る時間は5分間程度と短くてもOK
  • 2日置きではなく毎日のケアを心掛ける

このような使い方や塗り方を心掛けていれば、バストアップクリームで乳腺を発達させて効率良く脂肪を付けられますよ。

理想のボディをセルフケアで目指したい女性は、是非一度Cellnote(セルノート)を使ってみてはいかがでしょうか。

Cellnote(セルノート)には脂肪を増やす成分や肌を保湿する成分がバランス良く含まれていますので、詳細は公式サイトで確認してみてください。

→Cellnote(セルノート)の公式サイトをチェックする

関連記事

使用する前に!バストアップクリームのメリットとデメリット

手作りのバストアップクリームはどう?正しい作り方は?

女性ホルモンが減る原因!バストアップクリームで増やせる?

海外のバストアップクリームの特徴!危険性はある?

バストアップクリームに配合されている成分!どんな効果がある?

バストアップクリームの副作用のリスク!安全に使うためには?