海外のバストアップクリームの特徴!危険性はある?

海外のバストアップクリームの特徴は?

「日本人は胸が小さいからバストアップクリームを使うけど、外国人には不要なのでは?」と考えている女性は少なくありません。

確かに、バストが大きな外国人の女性に憧れている人は多いですよね。

しかし、胸が小さいとコンプレックスを抱えている外国人女性も意外と多く、海外でもバストアップクリームは販売されています。

アメリカやフランス、イタリアや韓国といった国ではバストアップクリームの生産が盛んで、私たちもネット通販で購入できるようになりました。

以下では海外のバストアップクリームの特徴をまとめていますので、国産の製品との違いを見ていきましょう。

  • ボルフィリンやプエラリアなどバストアップに必要な有効成分の含有量が多い
  • 国産の製品と比較してみるとお手頃な料金で購入できる
  • 日本のバストアップクリームには使われていない成分が入っている

海外産と国産で成分の種類や含有量に違いがあるのは、日本と海外で薬事法が異なるのが理由です。

日本では化粧品への配合が禁止されている成分や添加物でも、海外ではOKなんてケースは意外とありますよ。

この点に関してはバストアップクリームだけではなく、バストアップサプリメントや美白化粧水など他のアイテムにも該当するのではないでしょうか。

海外のバストアップクリームの購入方法は?

海外製のバストアップクリームは、お近くの薬局やドラッグストアなど実店舗では取り扱っていません。

そのため、次のようにインターネット通販を利用して購入する形となりますね。

  • Amazonで購入する
  • 個人輸入代行サイトを利用する
  • オークションサイトで探す

オークションサイトのヤフオクやフリマアプリのメルカリでは、様々な種類のバストアップクリームが販売されていますので、海外の製品を購入したいと考えている方には便利です。

ただし、個人が出品していますのでトラブルのリスクがあり、不安な方はAmazonや個人輸入代行サイトを利用しましょう。

オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトでは、海外のバストアップクリームやバストアップサプリメントが販売されています。

  1. 海外の医薬品や化粧品を取り寄せるのは違法なのでは?
  2. 日本語が使えなくて購入の手続きが面倒なのでは?

上記のようにイメージしている女性は多いものの、Amazonや楽天市場など他の通販サイトで買い物をするのと同じ感覚で海外のバストアップクリームを購入できますので安心してください。

海外の代表的なバストアップクリームをチェック!

「日本の製品ではあまり効果がなかった」「海外の商品を使ってバストアップケアをしたい」と考える女性のために、以下では海外のバストアップクリームを幾つか挙げてみました。

それぞれの商品の効果や特徴について大まかに見ていきましょう。

  1. ブレストエンハンスメントクリーム:脂肪組織を大きくするボルフィリンと、エストロゲン様作用を持つイソフラボンを含むダイズ油の相乗効果が期待できる
  2. ブレストサクセスクリーム:肌をキュっと引き締めたり弾力性や柔軟性を高めたりするバイオバスチルが含有されている
  3. EVERA:プエラリアミリフィカ根エキスが主成分で、女性ホルモンをアップして乳腺を刺激できる
  4. Natury’s:イタリアの高級エステサロンでも採用されているクリームで、女性ホルモンの分泌を助けるローズマリーやアメリカマンサクを含む
  5. MAXIBUST:キゲリアアフリカーナエキスの効果でクーパー靭帯を強化し、バストが垂れないようにキュっと上向きの状態へと導いてくれる
  6. Finaleバストクリーム:天然のハーブ成分を豊富に含み、バストアップだけではなく肌の引き締め効果も期待できる

国内で販売されているバストアップクリームと同じように、ボルフィリンやイソフラボンを含む製品が多いですね。

アメリカマンサクやキゲリアアフリカーナエキスなど珍しい成分を含むクリームも多く、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

海外のバストアップクリームは危険性が高いの?

海外のバストアップクリームだからといって、危険性が一気に高くなることはありません。

クリームやジェルは塗り薬ではなく化粧品や医薬部外品に該当しますし、サプリメントとして体内へと取り入れるわけではないので副作用のリスクが少なくなっています。

しかし、バストアップクリーム自体に危険性はなくても、日本人のバストと外国人のバストとでは次の違いがありますので注意が必要です。

  • 日本人のバスト⇒脂肪の割合が多い脂肪質のバストなのが特徴で、触り心地が柔らかくて加齢による影響で垂れやすい
  • 外国人のバスト⇒乳房の中にある外分泌腺の乳腺が多い乳腺質のバストで、触り心地が固くて大きくなりやすい

外国人女性は乳腺質のバストなため、女性ホルモンへと働きかけて乳腺を発達させるプエラリアを含むバストアップクリームが多いと考えられます。

つまり、日本人女性と外国人女性は肌質やバストの質が異なりますので、確かな効果を期待しているのであれば海外製ではなく国産のバストアップクリームを使うべきですよ。

効果を得たいからと海外のバストアップクリームを使い、次のようなトラブルが引き起こされた女性は少なからずいました。

  • マッサージを続けて肌がかゆくなった
  • 成分が合わなくて蕁麻疹や湿疹ができた
  • バストに痛みを感じるようになった

バストが大きくなっても肌荒れが加速しては意味がないので、安全にバストアップケアをしたい女性には国産のLaChouChou(ラシュシュ)がおすすめです。

LaChouChou(ラシュシュ)の中には、女性ホルモンへと働きかけるプエラリアが含まれていません。

副作用で悩まされることなく理想のボディへと導くサポートをしてくれますので、是非一度試してみてください。

→LaChouChou(ラ・シュシュ)の公式サイトをチェックする

関連記事

バストアップクリームの副作用のリスク!安全に使うためには?

バストアップクリームが効果なし、効かない女性に共通する特徴

使用する前に!バストアップクリームのメリットとデメリット

手作りのバストアップクリームはどう?正しい作り方は?

妊娠中や授乳中にバストアップクリームは使える?

バストアップクリームの1回の使用量は?