バストアップクリームが効果なし、効かない女性に共通する特徴

バストアップクリームが効果なしという口コミはある?

バストアップクリームを使った女性の口コミを見ていると、「効果なし」「効かない」といった意見が幾つかありました。

  • まだ使い始めてから日が浅いですが胸は大きくなっていません
  • 肌がスベスベになっているだけでバストのハリや弾力は変わっていないです
  • 肌に合わなかったのかかゆくなってしまいました
  • 一度使用をやめると元に戻ってしまった

このような評判があると、「本当にバストアップクリームを使って大丈夫なの?」「バストアップクリームに意味はあるの?」と不安になってしまいますよね。

個人の体質や肌質によって異なりますが、バストアップクリームは医薬品ではないため、効果に差が出るのは仕方がないのです。

バストアップクリームが効かない女性に共通する特徴をチェック!

バストアップクリームが効かないのは製品に致命的な欠陥があるのではなく、使い方や塗り方が間違っている可能性があります。

そこで、以下ではバストアップクリームが効かない女性に共通する特徴をまとめていますので、「ちゃんとボリュームアップしたい!」と考えている方は一度チェックしておきましょう。

間違った塗り方で続けている

間違った塗り方でバストアップクリームを続けている女性は、「効果なし」「効かない」と変化を実感できません。

具体的にどんな塗り方や使い方がNGなのか幾つか挙げてみました。

  1. 1回に塗る量が少ない⇒勿体無いからとケチっているとバストアップに必要な成分が肌へと浸透しない
  2. 入浴前に塗っている⇒お風呂に入って身体を洗うとせっかくの有効成分が流れてしまう
  3. ただ塗布しているだけ⇒バストアップクリームはマッサージとの併用で乳腺を発達させられる
  4. 強くマッサージしている⇒無理に揉みすぎていると逆にバストの脂肪が燃焼されて萎んでしまう

品質の良いバストアップクリームを使っていても、その効果が半減するような使い方ではバストアップは難しくなります。

そのため、「1回の適量を守る」「お風呂上がりに使う」「適度な力でマッサージする」といった点を心掛けてバストアップケアを続けていきましょう。

保湿クリームやオイルを使っている

バストアップマッサージは、乳腺を発達させたり血行を促したりといった効果が期待できます。

揉み続けるだけでもハリや弾力のあるバストを手に入れることはできますが、市販されている保湿クリームやオイルでは意味がありません。

専用のバストアップクリームを使わないと効果を実感しにくく、その理由をまとめてみました。

  1. 専用のアイテムの中にはボルフィリンやプエラリアなどバストアップに必要な成分が入っている
  2. 市販されているクリームやオイルとは違い、バストアップが目的で作られている
  3. 有効成分が皮膚へと浸透しやすくなるような技術を取り入れて製造している

「頑張ってマッサージをしているけれど中々大きくならない」と悩んでいる女性は、ネット通販で専用のバストアップクリームを買うべきですよ。

当サイトでは、配合成分のベストバランスを追求したCellnote(セルノート)を紹介しています。

  1. ふっくらボディをサポートするボルフィリン
  2. 女性らしさをサポートするプエラリアミリフィカ
  3. ボディケアをサポートするビルベリー葉エキス
  4. バストにハリを与える加水分解コラーゲン

上記のような有効成分がたっぷりと含まれていますので、Cellnote(セルノート)を使ったマッサージを続けてみてください。

→Cellnote(セルノート)の公式サイトをチェックする

バストアップクリームを使っている期間があまりにも短い

バストアップクリームが効かないと感じている女性の口コミを見てみると、短期間で良し悪しを判断している人が多く見受けられました。

  • 早くグラマーなボディを手に入れたい
  • 夏に水着を着る前までにバストアップしたい

こういったように即効性を求めたい気持ちは十分に分かりますが、バストアップクリームは医療機関の豊胸手術とは異なります。

1週間や2週間と短い期間でワンカップもツーカップもアップさせるのは不可能で、「直ぐに胸が大きくなります!」と紹介されている製品があったとしたら明らかに怪しいですよね。

つまり、短い期間で効果なしとバストアップケアを諦めるのではなく、ある程度は継続してバストアップクリームとマッサージを併用しなければなりません。

バストアップクリームはバストアップサプリと同じように「○○日間で変化が出る」と言い切ることはできないものの、長く続ければ続けるほどバストの脂肪や肌質に変化が出ます。

少しでも継続させるには、自分なりの方法でやる気やモチベーションを維持するのも大事ですよ。

生活習慣が乱れていて血行不良に陥っている

生活習慣が乱れていて血行不良に陥っている女性は、バストアップクリームが効かない大きな特徴となります。

血液の流れが悪いとバストアップクリームの中に含まれている有効成分が浸透しにくくなるため、当然のように変化を実感しにくくなるのです。

どのような原因で血行不良が引き起こされるのか見ていきましょう。

  1. 野菜や魚を食べる量が少なくて肉類や乳製品に偏っている
  2. 睡眠不足や精神的なストレスで自律神経が乱れている
  3. 冷え性の対策が不十分で季節に関わらず身体が冷えている

不規則な生活習慣で自律神経が乱れていると、バストアップクリームの効果が出にくくなるだけではなく体調不良のリスクが高まります。

交感神経と副交感神経の自律神経は自分の意思ではコントロールできない様々な機能を担っていますので、食生活を見直したり睡眠不足を解消したりといった対策も同時に行ってみてください。

関連記事

バストアップクリームの1回の使用量は?

女性ホルモンが減る原因!バストアップクリームで増やせる?

バストアップクリームの使い方や塗り方で押さえておきたいポイント

バストアップクリームは薬局やドラッグストアで市販されている?

手作りのバストアップクリームはどう?正しい作り方は?

バストアップクリームに配合されている成分!どんな効果がある?