女性ホルモンが減る原因!バストアップクリームで増やせる?

女性ホルモンが減る原因をチェック!

私たち女性の身体には、生きていくために欠かせない女性ホルモンが絶え間なく流れています。

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けることができ、それぞれの働きを簡単にまとめてみました。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン):生理周期を安定させたり美肌を維持したりと女性の若々しさをサポートする
  • プロゲステロン(黄体ホルモン):基礎体温を上昇させて妊娠を維持したり乳腺を形成したりする

それぞれ違った働きを持つ女性ホルモンが上手く体内でバランスを取り、ベストな状態を維持できている仕組みですね。

しかし、一生を通しても分泌量やリズムは大きく変わりやすく以下では女性ホルモンが減る原因をまとめていますので一度チェックしておきましょう。

  1. 年齢を重ねるにつれて卵巣の機能が低下し、脳からの指令に応えられるエストロゲンを分泌できなくなっている
  2. 無理なダイエットや偏った食事など、アンバランスな食生活を長期間に渡って行っている
  3. 夜更かしや睡眠不足で脳の機能が低下し、ホルモン分泌の状態が悪くなってバランスが乱れている
  4. 水分不足や冷え性が引き金となって血流が停滞し、上手く流れにくくなっている

女性ホルモンの分泌量のピークは20代ですので、加齢によって少しずつ減少していくのは仕方がありません。

それでも、不規則な生活習慣を送っている人ほどホルモンバランスが崩れやすく、体調が悪くなったり肌荒れを引き起こしやすくなったりしますので注意が必要ですよ。

バストアップクリームで女性ホルモンを増やせるの?

女性ホルモンは体調や美肌の維持だけではなく、実はバストアップとも深い関係性があります。

女性の象徴とも言えるバストへと働きかけているのは紛れもなく女性ホルモンで、どのように作用しているのか見ていきましょう。

  • エストロゲン⇒バストの約10%を占める乳腺を増やし、脂肪組織が増えてバストが膨らみを持つ
  • プロゲステロン⇒同じように乳腺を発達させる働きを持ち、バストへとハリや弾力を出す

つまり、「バストアップを成功させたい」「魅惑的なボディを手に入れたい」と考えている女性は、女性ホルモンを増やす対策を行うべきですね。

実店舗やネット通販で販売されているバストアップクリームの中には、女性ホルモンへと働きかける原材料や成分を含んだ製品があります。

その代表的なバストアップクリームがCellnote(セルノート)で、次の効果を持つプエラリアミリフィカが配合されていました。

  • エストロゲンと似た働きを持つ植物性エストロゲンの一種
  • 乳腺の発達が促されてバストへと脂肪が付きやすくなる
  • 肌にハリを出したりツヤを維持したりと美肌へと促す
  • ホルモンバランスを整えて生理不順を改善する

バストアップクリームの使用で体内の女性ホルモンの分泌量が一気に増えるわけではないものの、マッサージと併用していれば血行不良を改善して美バストを手に入れるサポートをしてくれます。

Cellnote(セルノート)は女性ホルモンと似た働きをするプエラリアミリフィカだけではなく、脂肪を増やすボルフィリン(ハナスゲ根エキス)や弾力を与える加水分解コラーゲンなどの美容成分も含んでいるのが魅力的です。

加齢による女性ホルモンの減少で生じるバストのサイズダウンや垂れを防ぐためにも、毎日の生活の中にCellnote(セルノート)を取り入れてみてください。

>>Cellnote(セルノート)の公式サイトはこちら

バストアップサプリで女性ホルモンを増やせる?

バストアップクリームが身体の外側からケアを行うのに対して、バストアップサプリは身体の内側からの対策ができます。

サプリメントの多くはプエラリアミリフィカが配合されているため、女性ホルモンを増やすサポートをしてくれるのです。

20代後半から少しずつ女性ホルモンの分泌量は減少傾向を辿りますので、バストアップサプリで理想のボディを保つケアは理に適っています。

ただし、プエラリアミリフィカは女性にとって嬉しい効果や作用がたくさんある代わりに、次の副作用のリスクがありますので気をつけなければなりません。

  • 生理不順で生理周期が乱れる
  • PMSによる生理痛の症状が酷くなる
  • ニキビや吹き出物など肌荒れが加速する
  • 痩せにくく太りやすくなる
  • 首筋が痛んだり肩こりが悪化したりする
  • 吐き気や頭痛など体調不良が悪化する

1日の摂取量さえ守っていれば安全ですが、女性の体質によって合う合わないはありますね。

そのため、バストアップクリームとバストアップサプリを併用する場合は、身体に不快な症状が出ていないかチェックしながら続けていきましょう。

日々の生活で女性ホルモンを増やすには?

加齢で減少しやすい女性ホルモンは、日々の生活で増やすことができます。

女性ホルモンの分泌量が増えれば乳腺が発達し、バストアップにも繋がりますので生活習慣の見直しは意外と大事ですね。

そこで、以下ではどのような生活を心掛ければ良いのか押さえておきたいポイントをまとめてみました。

  1. 肉や魚に入ってるタンパク質や大豆のイソフラボンなど、栄養素をバランス良く摂取する
  2. 1日に最低でも7時間以上の睡眠をとって自律神経のバランスを整える
  3. 冷え性で悩んでいる女性は半身浴や全身浴で身体を温める
  4. 心身ともにリラックスして精神的なストレスを溜め込まないようにする

理想のバストを手に入れるまでにかかる時間は長いため、バストアップクリームの効果を損ねないためにも不規則な生活を見直す努力も同時に行ってみてください。

関連記事

使用する前に!バストアップクリームのメリットとデメリット

バストアップクリームの使い方や塗り方で押さえておきたいポイント

海外のバストアップクリームの特徴!危険性はある?

バストアップクリームは薬局やドラッグストアで市販されている?

妊娠中や授乳中にバストアップクリームは使える?

バストアップクリームの1回の使用量は?